忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 09   2017 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず、我が家とFCはもう関係ないので、
どうでもいいって言えばどうでもいいけど。。。
でも、どうしてもいろいろな情報は耳に入って来てしまう。

つい最近も、トラブルが発生したようで、
5年生が3人退部してしまったらしい。
ということは、今の時点で、事実上5年生は3人ってこと?
あらあら、町内のチームが合併するから、
試合ができなくなることは無いと思うけど、
寂しいものですね〜[:困惑:]
ココ1年以内に退部した子は、全学年通して9人?10人?もっと?
ずいぶん減ったもんですね...
原因は、なんでしょね〜?
って、言わなくてもわかるでしょう。
結局、指導者に問題ありなんですよ。
今までの強引なやり方が、こういう結果として
現れてきているってことではないでしょうか?。
その指導者を認めてきた保護者にも問題ありってことです。
かわいそうな子ども達...
大丈夫ですか、新○FCさん?
あ、もうこのチーム名は合併するので無くなるんでしたね。。。

(・−・)・・・ん?
結局、またFCのことを書いてしまった〜[:たらーっ:]
おにいのことは、また今度。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
やっとひと通り読み終えました。
もう、途中から胸が詰まって読むのやめたくなったくらい。
そんなことになっていたなんて。
お兄ちゃん、よくがんばったね。パパもママも。
わたしだったら、さっさとほかのチームに乗り換えたかも。
でも、そういう場合も旧所属チームの移籍承認が要るんだよね、確か。それをなかなか出してくれない監督もいるとか、いろいろ聞くわ。
楽しくって、明るく輝いているはずの少年サッカー。
大人が関わり方を誤ると、本当にとんでもないことになるってあらためて実感しました。
保護者、指導者、みんながみんな同じ方向を向いているわけじゃないから、意見を1つに集約するなんて無理な話。だからこそ、核になる人にはしっかりしていてほしいと思うんだけど、人っていろいろだものね…。
暗澹たる気持ちになっちゃった。
でも、お兄ちゃん、新しい環境で今度こそ余計なことに心悩まされること無く、存分にサッカーを楽しんで欲しいわ!
なおこ URL 2006/02/18(Sat)00:24:48 編集
無題
読破、おめでとうございます。
って、違う違う…ありがとうございます。
なんでこんなことが??って事態だよね。。。
自分達が6年になれば、変えられるって思ってたのに、
甘かったわ。
私物化されてしまったサッカー部って感じで、
どうして、子どもがいつも犠牲になっているんだろうって
悔しくて悔しくて。
子ども達を指導するって、簡単なことじゃないのにね。
自分達が満足すれば、それでいいのかって
めざしているものが違うような気がするのよね。
それなら、自分達でクラブチーム立ち上げればって
思っちゃう。でも、現に部員は急減してるから、
それが何故なのかって、気が付いて欲しいけど、
ダメかもね…
とにかく、おにいには、新たな気持ちで、
新しい仲間とサッカーの楽しさをまた味わって欲しい。

青葉君もまだまだこれからですね。
私たちオトナが良きサポーターとなって、頑張りましょう。
子ども達にはサッカーというスポーツを通して、
大切なことをいっぱい吸収して欲しいなって思います。
くーちゃん 2006/02/18(Sat)17:11:50 編集
無題
はじめまして。
九州の少年サッカーチーム保護者OBです。少年サッカーで検索していたらこのページを見つけました。
私は、昨年1年間、南○FCというチームの保護者代表を勤めました。その間にはさまざまなトラブルがありました。途中で代表という立場を投げ出して、子供も辞めさせようかと思ったことも何度もありました。
何とか辞めずに今春卒業はできたのですが、指導者や他の保護者への不満・不信感は今でも一杯です。
ご主人と子供さんが本当に退部させられたときのお気持ちは察するに余りあります。
当方の子供ももうジュニアは卒業しましたが、卒業後のトラブルが今でも聞こえてきます。保護者と指導者、保護者相互の不協和音が絶えません。こちらの場合も指導者の資質、一部保護者の指導者への偏った忠誠心が原因のようです。
良識ある現役保護者の皆さんに同情します。
突然失礼しました。子供さんの今後のご活躍を期待しています。
たろべい 2006/05/02(Tue)05:29:07 編集
無題
たろべいさん、はじめまして。
コメントをありがとうございます。
少年サッカーのチームは、どうしてこんなにも
問題を抱えているのでしょうか?
検索をかけると、本当にあちこちから嘆きの声が
聞こえてきます。同じような疑問を抱きながら、
活動されている方の多さに、なんともやるせない気持ちになります。
何が大切なのか、見失っている保護者や指導者達。
自分の立場を最優先に考えるオトナ達…
子どものためのサッカーのはずなのに、悲しいトラブルが
絶えないという現実。
そんな世界に身を置く子ども達に健全な心身の発達を
望むことができるのかって…
ホントに恐ろしいです。
たろべいさんのお子さんは、サッカーを続けているのでしょうか?
我が家は純粋にサッカーを楽しめる環境を見つけることができました。
皮肉にも、退部させられたことがきっかけとも言えるのですが。。。
くーちゃん 2006/05/02(Tue)22:53:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]