忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 02   2017 / 03   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     04 >>
[1]  [2]  [3
さて、話がまた脱線したので、本題に戻します。
なかなか先に進まないぞ〜[:汗:]

選手権大会も終わり、3年生の2学期も後半になってくると、
いよいよ自分達中心のジュニアチーム始動となる。
公式戦で好成績を残したので、チームの名も知れてきて、
練習試合の申し込みも増えていったらしい。

余談ですが、
以前は、練習試合の相手を探すのに、
すごぉ〜く苦労していたとのこと。
2時間掛けて電話して、やっと1チーム見つかった…
という話は、よく聞かされていました。
だから、あなたたちは幸せよって、よく上の学年の
方達に言われたもんです。
PR
自分達が子どもの頃は、こんなに親がいろいろ手を
貸していたかなぁ?
自分は、体育会系のクラブに所属したことがなかったので、
よくわからないけど。。。
小学校の時の合唱部も、中学時代の吹奏楽部も
親は一切関係なかった…(と思う。)

時代が変わったのだから、比べても仕方ない。
とはいえ、県が変われば、親の関わり度も
違うかも?いや、チームによるのかな?
うーん…よくわからない。[:たらーっ:]
とにかく、おにいのチームは、何をやるにも親掛かり。
さて、いよいよ、ジュニアチームデビューです。
夏休みの終わりから、地区予選が始まり、この年は
危なげなく県大会出場権獲得!
県大会は10月に行われた。
このころは、私もまだ、公式戦のときでも
最初の試合に間に合えばいいや〜という感じ。
パパが頑張ってくれてるし。。。

4年生を中心としたジュニアチームなので、
おにいの出番はそれほどない。
何しろ4年生にはスター選手がいて、
その子にボールが渡れば、ドリブル突破でゴールは
確実〜みたいな雰囲気だったから。
夏休みの途中から、練習に参加しなくなった
3年生が出てきた。
きっかけは、体調不良で、練習を休んでいるうちに
戻りにくくなった子もいる。
部員同士のイジメが原因という子もいたらしい。
結局そういう子達は2学期になり、退部という選択をした。
サッカー部の雰囲気に馴染めなかったのだろう。
確かに、3年同士、ケンカは日常茶飯事。
でも、先輩からのイジメ(言葉の暴力だったのかな?)
というのもあったらしい。
このチーム、先輩たちが結構キツイんだ。。。

合宿が終わると、本格的に夏休みの練習に入っていった。
平日は、上級生が中心となり、午前中の練習。
練習時間も3時間半ほどあったので、
保護者が当番で麦茶を用意して、子ども達に出していた。
週末は、練習試合が入ることも多くなっていった。
そして、ある日、8月末から11月にかけて実施される
「選手権大会」という大きな公式戦にエントリーする
チームの選手が発表された。
この大会は、当時、11人制と4年生以下が参加できる7人制の
ジュニアの部とあって、各チームそれぞれ1チームしか登録
できない。もちろん、選手登録の人数枠も決まっている。
3年の頃は、この大会がどんな大会で、6年生たちにとっては
最後の公式戦となるなんてことも知らず…
ただ、大会ってものがあって、真剣勝負なのね〜っていうくらいの
認識だった。
最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]