忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 06   2019 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、本題に戻しましょう。
あれよあれよという間に、3年の1学期も終わり夏休みに突入。
この年から、合宿が行われるようになった。
3年生は、保護者が宿泊できる場合のみ宿泊可能。
ただし、昼間の練習試合には参加できるということだった。

やる気満々のおにいは、もちろん参加。
一緒に泊まるのはパパ担当。
この合宿に参加したことによって、
完全にチームに溶け込んだ感じとなったパパだった。
しかし、それが悲劇の始まりだったなんて。。。

PR
各学年ごとに学校生活においてもそうだろうけど、
特有の「カラー」というものがあると思う。
おにいたちの学年と他の学年の大きな違いは、
「スター選手がいないこと」とずっと言われ続けて来たこと。
飛びぬけて上手いって子がいない。
上の学年も、後に入ってくる下の学年にも
誰が見てもレベルがちょっと違うな〜っていうような
目立つ選手が2〜3人いたけど、おにいたちの学年には
ダントツっていう子がいない。
それに、「君達やる気はあるの?」
と聞きたくなることも多かった。
練習試合のときは元気だけど
(みんな試合に出たいのさ)、
練習のときは、それほど真剣に取り組んでいなかったり、
ボールを蹴る順番ですぐケンカし始めたり…
人数も多けりゃ、それだけ、揉め事も多かったりで、
それをまとめる指導者達もたいへんだっただろうけどね。。。
ここからは、ジュニア(3〜4年生)のお話です。
というか、5〜6年とはほとんど一緒にいなかったので、
よく知らないというのが本当のところ。
ただ、6年の保護者の方達は後援会の中心だったので、
多少の接点はあったけど。。。
この年の後援会会長さんが、とても熱心な方で、
前年度までは、5〜6年が大会等で、試合が入っていると、
お留守番組の下の学年の子達は、練習が休みだったり、
練習試合も組んでもらえなかったりで、
ちょっと干された感じになっていたらしい。
それでは可哀相だから…ということで、
練習も下の学年のコーチを中心に行ったり、
練習試合もどんどん入れるようにして、
ジュニア用のゴールまで作ってくれたりして、
サッカーのできる環境を整えてくださったらしい。
感謝!
新学期になり、いよいよ放課後練習もスタート。
月、火、水、金は朝、ボールとスパイクも持って登校。
授業が終わると、そのまま校庭で、暗くなるまで練習。
恐らく平日は、先生が子どもたちの様子を見てくれていて、
練習終了も先生が指示していたと思う。
木曜日は、監督たちによる体育館での夜間練習が、
その年から新たに始まった。
参加は任意だったと思うけど、もちろん、やる気満々の
おにいは、最初から参加。でも、3年生は、全員参加
というわけには行かなかったですね。。。
夜8時まで練習だからね…
3年生じゃ、8時に就寝って言う子もいたかもしれないし。
そして、土日は、監督、コーチほか、ボランティアで
お父さん達が出てきて、練習の手伝いをする。
基本はこんな1週間の流れ。
結構ハードでしょ?
おにいは、週一でスイミングに通っていたので、
その日は、休んだけど、それ以外は休まなかった。
サッカーするには、それなりの道具が必要となるわけで、
ボール、スパイク、スネ当て、ストッキング、
ストッキング止めに、サッカーパンツ、給水ボトル…etc.
すべて、パパが買い揃えた。
ボールやスパイクは聞いてすぐわかったけど、
ストッキング?何?それ?
サッカー用の靴下のことだったのね〜知らなかった…[:汗:]
練習するときには、どんな服装なんだ?
そんな基本的なところから始まって、
何もかもが初めての経験!
だって、思いっきり初心者だったもの。

最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]