忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

合宿が終わると、本格的に夏休みの練習に入っていった。
平日は、上級生が中心となり、午前中の練習。
練習時間も3時間半ほどあったので、
保護者が当番で麦茶を用意して、子ども達に出していた。
週末は、練習試合が入ることも多くなっていった。
そして、ある日、8月末から11月にかけて実施される
「選手権大会」という大きな公式戦にエントリーする
チームの選手が発表された。
この大会は、当時、11人制と4年生以下が参加できる7人制の
ジュニアの部とあって、各チームそれぞれ1チームしか登録
できない。もちろん、選手登録の人数枠も決まっている。
3年の頃は、この大会がどんな大会で、6年生たちにとっては
最後の公式戦となるなんてことも知らず…
ただ、大会ってものがあって、真剣勝負なのね〜っていうくらいの
認識だった。

そして、おにいたち3年生は、4年生と一緒に
この大会のジュニアの部にエントリーすることになるのだが、
人数枠が15人と決まっていたので、3〜4年全員が
登録することはできない。となると、「選考」という
ことになってくる。
そのための参考データとして、選手達全員が体力テスト
(短距離走、持久走、ドリブル、リフティング等)を
受けて、あとは、監督、コーチたちで話し合い、
最終決定は、恐らく監督が行ったのだろう。常々監督は
「学年は関係ない。」
と言っていたようだが、ふたを開けてみると、
上の学年は全員登録、下の学年から補充という
構成になっていた。4年生中心なんだから、
当然の結果でしょうね。。。
ここで、おにいたちの学年は、また2分割されてしまう。
大会に参加できる選手とできない選手。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]