忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 05   2017 / 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     07 >>
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

肝心の指導者について、説明していなかった…(^^ゞ
おにいが入部した年は、監督1人、コーチ5人体制だった。
(改めて当時の名簿を見て知ったんだけど。)
監督は5年の保護者、コーチは、先生1人、6年の保護者
(と言っても自分の子は入部していなかった)1人、
4年の保護者2人、そして、3年の保護者1人という面々。

実際に試合や休日練習の時に、おにいたちと関わりがあったのは、
3〜4年のコーチ陣。
ほとんどの方がサッカー経験者だったようです。
この指導者たちがキーパーソンになるわけだけど、
監督と3年のコーチは、サッカーで有名な某高校のサッカー部の
先輩後輩、勤務先も同じ会社。この二人の強い絆(?)によって、
私達はどんどん苦しめられていくことになるのです。
この年は、まだ、学校の先生の存在によって、
保護者達の暴走にブレーキをかけておくことが
できたのかもしれない。

監督1人と言っても、公式戦となると、
11人制と7人制(=ジュニア)のチームで
重複登録はできないし、練習試合も別々に
進行していくので、実質、監督2人体制
という感じになって行ったように記憶している。

このころは、私達に指導者の「質」というものを
深く追求するだけの気持ちの余裕というか、
そういう「目」もまだ無かったと思う。
「子ども達にサッカーを教えてくれるのだから、ありがたい」
単純にそう思っていた…かな。
それに、入部したばかりで、子ども達も楽しそうだったし。
でも、そんな軽〜い気持ちで見ていられたのは、
おにいたちが4年の頃までだった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]