忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 04   2017 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     06 >>
[74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64
U−13の年間リーグ戦が開幕した。
おにいの所属するチームを中心に、昨年度から始まったこのリーグ戦。
ジュニアユース1年目の選手の育成や各チーム間の交流を目的としたもので、
今年度は、12チームが参加している。
隣接する県や都内のチームが多いけど、
中には宮城から遠征に来るチームもいる。
おにいの元チームメイトが所属するチーム、2チームとも参加している。
年間80ゲームぐらいあるとか。。。

開幕戦ということで、様子を見に行ってみた。
会場は、いつもの河川敷のグランド。
今日はおにいたちのチームは5ゲーム。
A、Bに分けて、それぞれ2.5ゲームずつプレイしたようだった。
さすがに先日のフェスティバルのように選手達任せではなく
監督がしっかり指導に当たっていた。
すると、やっぱり、ゲーム内容が違うんだなぁ…
ボールがちゃんと回ってた。
この前は、大丈夫か〜?って思ったけど。。。

戦績は3勝1敗1分けだったのかな?(定かではない…(^^ゞ)
ただ1敗したときのゲームは、2失点して負けはしたけど
内容は良かったと監督に褒められたっておにいが言ってた。
こうやって、ひとりひとりの能力を引き出し、
チームが育てられていくんだろうなぁ。

このリーグ戦は、おにいたちのチームがホームになるので、
毎回試合の準備からあと片付けまで、すべて自分達で担当する。
河川敷に何コートもある広いグランドで、ゴールネットや旗など
すべては管理事務所のあるセンターの倉庫から運ばなくてはならない。
これが結構な距離がある。
迎えに行くと、選手達が分担して使用したものを運んで帰ってくる姿が見えた。
これが小学生時代のチームと大きく違う点。すべて自分達でやる。
このリーグ戦に関しては、主審は前・後半ずつを各チームの
監督(コーチ)が担当し、副審は選手達が担当する。
当たり前の光景なんだろうけど、おにいみたいに小学生時代にな〜んにも
やらなくてよかったチームに所属していた子は、
最初はたいへんだろうなぁ。。。
やっぱり、小学生も高学年になったら、ある程度できることは
どんどんやらせるべきだと改めて思った。
それが子どもたちのためになるのだから。。。
(ちょっと余談でした。)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]