忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 04   2017 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     06 >>
[222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212
今日は、3年生とのお別れ会‘卒団式’が行われた。
1〜3年の選手たちと出席を希望した保護者たち、
そして、ずっと指導してきた監督とコーチ…
総勢100名近くが出席。

午前中は、紅白戦を実施していたらしい。
そして、午後から、場所を市内のお店に移しての卒団式。
みんなサッカーするスタイルから、私服に着替えて登場。
あまり見慣れない姿なので、これがまた新鮮だった。
やっぱり、先輩達はカッコいい〜サマになってる。
ところが、一年坊主は…(笑)

日頃、試合では3年生と共に行動することは
ほとんど、いや、全く?
なくて、だから、3年生の試合の様子も
練習試合も含めて2〜3度ぐらいしか観戦することがなかった。
公式戦は、一度だけ、片道3時間掛けて、
高円宮杯の準決勝を応援に行った。それだけだ。

だから、先輩たちの顔すらよく分からない状態。
でも、1年間、練習ではお世話になってきた先輩たちだから…
と思って、最後の最後だけど、見届けようって。
1年生のママたちも7名参加した。

4月からは、チーム名は変わり、今までのチームとしては
最後の卒団生となるわけだし、1〜2年生にとっても、
今まで馴染んできたチームからの卒団ということにもなる。

卒団式は、1年生のキャプテンの3年生に送る言葉から始まり、
それから、Mちゃんのひとことに続いて、1年生からの記念品を
先輩ひとりひとりにそれぞれ1年生が手渡し。
(このプレゼントは、Mちゃんが言いだしっぺだった)
そして、サブキャプテンからもひとこと。
続いて、2年生は、全員がひとことずつ先輩たちに
送る言葉を述べて、それから、3年生が一人ずつ挨拶。

それぞれの3年間、このチームで過ごしてきた思いを
涙をこらえながら話す先輩もちらほら…
そんな子どもたちの姿を見ながら、親たちももらいなき…
コーチの目からも涙が流れていたように見えました。

決して、楽ではなかったと思う。
辛くて、やめてしまいたいと思った子もいたでしょう。
でも、投げ出さず、諦めず、このチームから卒団することが
できた先輩たちは、みんな立派だよ。カッコいいよ。
2年後、おにいたちもあんなふうに挨拶できるのかな…
今いる20人全員が。。。

なんて、思いながら、みんなの挨拶をじっくり聞いて、
いよいよ次は、監督、コーチからの選手たちひとりひとりに
送る言葉へと続く…
これは、感動するよって噂に聞いていたので、
楽しみにしていたんですよ。

やっぱり、感動したわ。。。
ひとりひとり、よ〜く見てるんだね、さすがだ。
厳しさのなかにも愛情たっぷり注いできた
監督たちの思いがこめられている言葉だった。
これまた、2年後、おにいたちはどんな言葉を
かけていただけるのかしら〜って思いながら聞いてた。

そして、最後の最後に、3年生たちから、監督とコーチに
花束贈呈しておしまい。


こういうのって、ダメですね〜
涙をこらえるのに必死。
自分の子じゃないのにね…
直接知ってるわけでもないのに、泣けてくる。
感動しました。

それぞれ新たな世界に巣立っていく先輩たち。
このチームで培ってきたいろんなことを
無駄にすることなく、さらに成長し続けて欲しいと思います。

努力すること
諦めないこと
サッカーに対する姿勢
自分たちを支えてくれた親や監督たちに感謝すること

後輩たちは先輩たちから、いろいろなことを学んだと思う。
ありがとうございました。m(._.*)mペコッ

みんな、羽ばたけ〜〜〜〜っ!!
巣立ちのときです!

なんか、感慨深い一日となりました。(;_;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

くーちゃん、こんな記事読まされたら、
来週の私の卒団式の予行演習で泣いちゃいますよ〜!

貴チームは近隣の県なので、
卒業生の中にはひょっとしたら息子の高校に入学し、
後輩になる選手もいるかもしれませんね?
ユース世代でも厳しい戦いが待ち受けていますが、
貴チームの指導で得た精神力で頑張って欲しいものです!

頑張れ!卒業生!!
4級コリーナ URL 2007/03/18(Sun)11:19:40 編集
無題
4級コリーナさん♪
うちのコーチ(今年度は監督でしたが)、
何度も涙を拭ってましたよ。
コリーナさんも、ボロボロでしょうね。。。
今年度の卒業生たちの進路は、公立、私立、クラブチーム、
地元の高校、ちょっと離れた東北地方の高校…
様々でした。残念ながらコリーナさんの息子さんの
後輩になる選手はいないみたいですが。。。
いつかそうなる日もあるかもしれませんね。(*^^*)
先輩達はみんなこのチームでプレイできてよかったと
言ってました。だから、1〜2年生も、自分たちと
同じ思いで卒団できるようになって欲しいって。
先輩達には、それぞれの世界で、
また頑張って欲しいですよね。
くーちゃん 2007/03/19(Mon)00:49:04 編集
無題
中学とクラブの両立は、本当に大変だったでしょう。こうして巣立つ先輩を見て、息子さん達は、これからもっと頑張ろうという気持ちになったと思います。旅立ちのときってやっぱり寂しいですね。色々あったし大変だったけど、家の息子も卒団式を終え、昨日最後の試合をしました。最後、なんとか優勝で終えられたことは、嬉しかったです。が、それより最後のホイッスルがなった瞬間、涙がどーっとあふれてきました。母達で皆握手し、ただただ涙でした。こうして書いてても、目頭が熱くなってきます!最後まで頑張り通すことの大切さをつくづく感じました。サッカーを通して学んだことは、きっとこれからに生きると信じてます。これからは、くーちゃんのところとやっと同じ土俵Jr.ユースです。未知なる世界で不安もいっぱいですが、今後もよろしくお願いします(^_‐)
vivi URL 2007/03/22(Thu)08:51:07 編集
無題
viviさん♪
13人の先輩達は、新たな決意を胸に巣立っていきました。
それぞれ最後まで頑張れたことに誇りを持ち、
この3年間の活動が、きっとこれからの人生の糧となることでしょう。
進路に関しては、悩んだ先輩も多かったようです。
うちもどうなることやら…(&gt;_&lt;)
viviさんファミリーもいろいろあったと思いますが、
卒団の日を迎えることができて、感無量でしょう。
お疲れ様でした。『頑張りましたで賞』をあげちゃう!!
いろんなことが走馬灯のように浮かんでは消え…
想像しただけでも、ウルウルです。涙もろいもので…(^^ゞ
でも、次ですよ!春休み中にジュニアユースでの活動が
始まることと思います。慣れるまでは、心身ともに
たいへんだけど、大丈夫!うちのおにいも頑張ってるから。
もしかすると、対戦する日が来るかもしれないですよね。
そんなことを思い描きつつ、お互い頑張っていきましょう。
こちらこそ、よろしくね。(*^^*)
くーちゃん 2007/03/22(Thu)14:04:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]