忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 05   2017 / 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     07 >>
[257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の夜間練習のときのこと。
監督がトレセンのことについて、おにいに声をかけてくださったとのこと。
クラブユース組2年生の中で、おにいだけ県トレに呼ばれていないことに
関して、フォローしてくださったらしい。
この話を聞いて、嬉しかった。ありがたいことだと思った。
ひとり取り残された気持ちになっているおにい…
このままモチベーションが下がったら困るなって心配だったから。

親がどんなに言っても、子どもは信用しないかもしれない。
何も分かっていないくせに…って反発されてしまうかもしれない。

確かにそうだろうなって思う。
だって、私たち親は、時々試合を見に行くだけだから、
普段の活動の様子はわからないし、チームの中で
我が子がどんな存在なのか、知るにも限界がある。
サッカーをしているのはおにいだから。
すべて監督やコーチにお任せしているわけだし。。。

素人のハハの目から見て感じたことを伝えても、
軽く流されて終わってしまうかもしれない。

でも、監督から直接言葉をかけていただいたことは、『重み』が違う。
きっと、子ども達の心に響くはず。
ちょっとしたことでも、監督やコーチから言葉をかけていただけることは
子どもは嬉しいらしい。もちろん、自分の存在を認めてもらえて、
前向きになれる言葉だけど。
そういうことの積み重ねから信頼関係も生まれてくるのだろうし。
こんなふうにひとりひとりの選手としっかりと向き合うことは
選手が多いとたいへんなことだとは思う。
監督達には感謝感謝です。(^^)

おにいには、自分が今、置かれている環境で精一杯努力して、
常に前向きでいて欲しい。
諦めることなんて何もない。まだまだこれからだから。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]