忍者ブログ
たかがサッカー、されどサッカー…
〓 Admin 〓
<< 05   2017 / 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     07 >>
[775]  [774]  [773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とうとうこの日がやってきてしまいました。

おにいたち3年生がこのチームから巣立つとき。

午前中は、2年生たちとお別れ試合。
朝9時からスタートして、11時過ぎに終了。
途中、雨がポツポツと落ちてきたりして、
最後のころには、風、そして、雨も強くなり急いで撤収~(笑)

このチームのユニフォームに袖を通すことは、もうないのです。
おにいたちの姿、この眼にしっかりと焼きつけてきました。


午後からは、場所を変えて、卒団式へ。

毎年出席して、先輩達を見送りましたが、
自分の息子でもないのに、いつも涙、涙でした。
今日は、もっともっと泣けて、涙が止まらないだろう~
と思って行ったら、あれ?
どういうわけか、ちょっとウルっとしただけ。(^^ゞ

いつも2年生一人ひとりが、3年生へ贈る言葉を話し、
その後、3年生たちが一人ずつスピーチをしていくのですが、
今年は、涙ながらにスピーチする選手がいなかったようで、
もらい泣きってのがなかったからかな。。。

3年間を振り返ろうと思えば、いくらでも振り返ることができるけど、
あえてここで、改めて振り返るのはやめようと思います。
キリがないので、まとまらなくなりそうだから…(-_-;)

ただひとつ。

おにいは、スピーチでこんな話をしました。

もし、あの時監督に声を掛けていただかなければ、
サッカーを辞めていたかもしれない。
このチームに入り、監督の指導を受け、
サッカーが好きになったと。

チームのみんなに支えられ、一緒に頑張ってこれたことが
何よりも嬉しいし、楽しかったのだろう。
辛いことはいっぱいあったと思う。
何人もの選手が、何度も辞めたいと弱音を吐いては、
思いとどまり頑張ってきた3年生たち。

その精神力の強さ。
あきらめずに頑張ってきたこと。
自分たちの誇りとして、また新たな道を
歩んでいってほしいと思います。

おにいは、辞めたいと口にすることはありませんでした。
でも、ホントはコイツ、相当無理してるんだろうな…
と感じることはありました。
きっと、根がまじめで、負けず嫌い。
弱い部分を見せたくないのでしょう。
私もそんな性格なので、よくわかります。

3年間、よく頑張りました。
私は、最初にちょっと背中を押しただけ。
あとは、おにいが自分で、そして、チームメイトと、
監督やコーチとともに走り続けたのです。

選手たち、みんないい顔をしていました。
表情が明るい。
涙もなく、じゃね!と言って、それぞれの道を
歩き始めました。
振り返るのではなく、まっすぐ前を向いて。

たぶん、このチームで頑張ってきたことが自信となり、
そして、やり残したことを次で絶対達成してみせる…
そんな希望にあふれている選手が多いのではないかと。

この先、もっともっと辛くて苦しいことに直面することだって
あるでしょう。でも、おにいたちなら、乗り越えられる…
この3年間で、その力を身につけたのではないかと。

素晴らしい仲間たちに感謝。
3年間、指導してくださった監督、コーチに感謝。
そして、一緒に応援してきた保護者の皆さんに感謝。

とても充実した3年間でした。
みんな、心からありがとう!!

そして、これからも、宜しくなのです…m(._.*)mペコッ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[03/29 JIN母]
[02/13 ゴールアシスト]
[09/23 みね]
[03/30 JIN母]
[03/13 月讀]
最古記事
プロフィール
HN:
くーちゃん
性別:
女性
QRコード
忍者アナライズ
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
Copyright(c) 少年サッカー回顧録 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
*Template by tsukika
忍者ブログ [PR]